読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bonkura - Kenny

SIerで働く文系SEの記録

【RaspberryPi】Windows機からリモートデスクトップで接続する方法(xrdp)

実は二ヶ月程前に、「RaspberryPi2 Model B」を購入してました。

なぜかハンパない購買欲に襲われ、購入&初期設定まで一気に済ませたんですが、
そこで満足してしまって、ずっと放置しておりました。。



せっかく高い金出して買ったものですので(といっても7000円くらいですが)
有効活用してあげなきゃもったいない!

ということで、まずは自分のメインPC(Windosw8.1)からリモートデスクトップで接続出来るようにしてみました。

簡単では有りますが、設定方法を共有します。

はじめに


RaspberryPiをリモートで操作するには、デスクトップ画面を遠隔から操作するソフトウェア、xrdpを使います。


このソフトを導入する事で、Windowsリモートデスクトップ接続を使って、直接キーボードやらマウスやらをRaspberryPiに繋がなくても、メインPCからGUI画面を操作する事が可能になります。

環境

接続元:Windows8.1
接続先:RaspberryPi2 Model B(OSは)

利用用途

自宅のメインPCから同じLAN内の自宅に設置されているラズパイにGUIでリモート接続する。

ネットワーク設定は完了し、SSHで接続出来ている事を想定。

ネットワークの設定(ご参考)

①/etc/network/interfacesからaddress netmask gatewayを設定。
iface eth0 inet static     #固定IPを使用しますよ~ということ
address 192.168.1.●●     #適当なプライベートアドレス
netmask 255.255.255.0      #ネットマスク。普通ならこのまま
gateway 192.168.1.●        #デフォゲ
②ネットワークをreloadして完了。
/etc/init.d/networking reload

手順

1.xrdpをインストール

$ sudo apt-get update          #インストールの前に、パッケージのデータベースを更新します。
$ sudo apt-get install xrdp

2.日本語キーボードの配列を追加。

日本語キーボードを利用している場合は、設定ファイルを追加する必要があります。
※ファイルは、xrdpユーザ会のサイドからダウンロード出来ます。

$ cd /etc/xrdp/
$ sudo wget http://w.vmeta.jp/temp/km-0411.ini     #設定ファイルのダウンロード
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0010411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0200411.ini
$ sudo ln -s km-0411.ini km-e0210411.ini

3.サービス起動

実際のxrdpサービスを起動します。

$ sudo service xrdp restart

これで、RaspberryPi側での作業は終了です。

4.Windowsから接続

Windowsの「リモートデスクトップ接続」を起動。
ホスト名orIPアドレスを入力して、「接続」ボタンをクリック。
下の様な画面が出るので、RasbperrypiのIDとパスワードを入力してログイン。


f:id:knygt15437:20150911211827g:plain


これで、Windows機からリモートでGUIを使った作業が可能になります。
すごく簡単な設定ですし、やっておくと何かと便利かと思いますよ。