Bonkura - Kenny

SIerで働く文系SEの記録

【たのしいRuby_3】ARGV・ファイルからの読み込み・メソッドの作成など

たのしいRuby第3章を学んだ。

たのしいRuby 第4版

たのしいRuby 第4版

「ARGV」配列オブジェクト

コマンドラインからの情報をデータとして受け取る。引数から取得したデータは 文字列

puts "最初の引数: #{ARGV[0]}"
puts "2番目の引数: #{ARGV[1]}"
puts "3番目の引数: #{ARGV[2]}"
# 数字として扱う場合は、ARGV[0].to_iとする。

ファイルからの読み込み

ファイルからの読み込みの流れ基本

  • ファイルを開く
  • ファイルのテキストデータを読み込む
  • 読み込んだテキストデータを出力する
  • フィルを閉じる。

readメソッドとeach_lineメソッドの違い

filename = ARGV[0]
file = File.open(filename) #ファイルを開きファイルを開くためのオブジェクトを返す

# readメソッドを使う場合
text = file.read #ファイルの中身を読み込む。
print text #出力

# each_lineメソッドを使う場合
file.each_line do |line|
  print line
end

file.close #開いたファイルを閉じる

メソッド

メソッドの作成

def メソッド名
 メソッドで実行したい処理
end

メソッドの実行

メソッド名()

プログラムの中でライブラリを読み込む

require ライブラリのファイル名

※.rbは省略可能!