読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bonkura - Kenny

SIerで働く文系SEの記録

【たのしいRuby_14】文字列クラス

たのしいRubyの第14章を学んだ。

たのしいRuby 第4版

たのしいRuby 第4版

Rubyでの文字列は全て、 Stringクラスのオブジェクト

文字列の作り方

  • "" 」:文字列オブジェクトを作る区切り文字
  • '' 」:「\n」などの特殊文字を解釈せずそのまま表示
  • , 」:文字列の結合

ヒアドキュメント

str = <<-"EOB"
Hello!
Hello!
Hello!
EOB

puts str

printfとsprintf

n = 123
printf("%d\n", n)

最初の引数にフォーマット、2つ目移行の引数が%の所に入る。

メソッド色々

str = "This is a pen."
str2 = " これはペンです。"

# 文字列の長さ・空かどうかを調べる。
p str.length
p str.size
p "".empty?

# 文字列のインデックス
p str[0] #=> T

# 文字列の結合
str3 = str + str2
p str3

# 文字列を配列に分割
str4 = "ホゲ:hoge:12345"
column = str4.split(/:/)
p column

# 改行がある場合のみ削る
# each_lineeメソッドを使って新しい行を読み込む場合によく使う。
str6 = "abcde\n"
str7 = str6.chomp
p str7

# 文字列を探す。(見つかった場合は一致部分の先頭インデックスを返す。)
p str.index("pen")
p str.rindex("pen") # 右側から探す

# 文字列を探す。(あればtrueを返す)
p str.include?("pen")

# 文字列の変換系
s.upcase #小文字→大文字
s.downcase #大文字→小文字
s.swapcase #大文字→小文字、小文字→大文字
s.capitalize #最初の一文字が大文字、以降を小文字